セレスタイト

セレスタイトについて

セレスタイトは和名を「天青石」といい、天空の青色を連想させる、とても清々しいパワーストーンです。セレスタイトセレスタイトのクラスターセレスタイト(エッグ)
上の写真は稀少なマダガスカルのセレスタイト(犬牙状)、➁はセレスタイト(スタンダード)、⓷はセレスタイト(柱状結晶)

セレスタイトの稀少性

セレスタイトは年々良質なものが減少しており、上の写真⓷のような透明感のある柱状タイプの共生したものは稀少性が高くなっており、形状の良いものとなると更に稀少価値が出ております。特に写真➀の犬牙状タイプのセレスタイトの良品は産出が激減しており、激レアとなっています。

セレスタイトの特徴

上述の通り、清涼感のある青色が特徴の石ですが、アメリカ、イタリアで産出するセレスタイトは発色面では無色に近い青色をしており、マダガスカルのものとは大分趣が違っています。

セレスタイトは霊性の高い石

セレスタイトは霊性の高いパワーストーンで、霊性面の浄化という意味では外せないものとなっております。

セレスタイトの語源

セレスタイトは英語の天を意味するcelestial(セレスチアル)が語源となっており(ラテン語の青を意味するcoelestisが語源の元だといわれています)、発見者の鉱物学者ウェルナー(ドイツ)が名付け親といわれています。

セレスタイトの産地

主産地はマダガスカルで、アメリカ、イタリアなどでも極少ですが産出しています。

セレスタイトは別格的存在

セレスタイトは、パワーストーンの中では特殊であり、別格的存在です。マスタークリスタルという名称が水晶に限定したものでなければこのセレスタイトはマスタークリスタルの上位に君臨できるパワーストーンです。
8